Top >  お礼、感謝をする表現 >  謝る表現

謝る表現

日本語には、「すみません」、「ごめんなさい」、

ごめん」、「失礼しました」などといろんな謝る表現がありますよね


同様に韓国でも謝る表現がいくつかあります


☆すみません = チェソンハムニダ


日本では、「すみません」は

「ありがとう」の意味でも使うことがありますよね

しかし韓国では、「すみません」は謝るときだけです


☆ごめんなさい = ミアナムニダ


これは、目上の人などに使います


☆ごめん = ミアネ


友達など親しい人に謝るときに使う言葉ですね


☆失礼 = チェソン


街中などで人とぶつかってしまった時や、

足を踏んでしまったときに使います


この時は、先程の「チェソンハムニダ」とは言わずに「チェソン」と言います


ちなみに、以下の情報をお知りになりたい 方はこちらをご覧ください
【韓国語をマスターされた方が見ていた人気ページです】


韓国への旅行を計画されてい る方はこちら

旅行で使えた韓国語会話





         

お礼、感謝をする表現

お礼の表現は、とても大事です。
韓国では、お礼と感謝をする言葉は違います。

その場面によよって、言い換えることも大切です。
どうちがうのか?を知っておきましょう。

関連エントリー

お礼をする表現
感謝をする表現
謝る表現




初級者用韓国語会話メールセミナー 韓国語能力検定取得者が教える【初級者用韓国語会話講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

韓国語を知ろう

挨拶

返事をする表現

お礼、感謝をする表現

聞き返す表現

聞く表現

相手に伝える表現

旅行で使える表現






Yahoo!ブックマークに登録